海外 ドメーヌ ド ラルロ ロマネ サン 2019 ヴィヴァン クリュ グラン 750ml [2019]750ml,グラン・クリュ,/boxkeeper755024.html,ドメーヌ・ド・ラルロ,43560円,orthopain.melhorklick.com.br,ビール・洋酒 , ワイン , 赤ワイン,ロマネ・サン・ヴィヴァン 43560円 ドメーヌ・ド・ラルロ ロマネ・サン・ヴィヴァン グラン・クリュ [2019]750ml ビール・洋酒 ワイン 赤ワイン 43560円 ドメーヌ・ド・ラルロ ロマネ・サン・ヴィヴァン グラン・クリュ [2019]750ml ビール・洋酒 ワイン 赤ワイン 海外 ドメーヌ ド ラルロ ロマネ サン 2019 ヴィヴァン クリュ グラン 750ml [2019]750ml,グラン・クリュ,/boxkeeper755024.html,ドメーヌ・ド・ラルロ,43560円,orthopain.melhorklick.com.br,ビール・洋酒 , ワイン , 赤ワイン,ロマネ・サン・ヴィヴァン

海外 ドメーヌ ド ラルロ 国産品 ロマネ サン 2019 ヴィヴァン クリュ グラン 750ml

ドメーヌ・ド・ラルロ ロマネ・サン・ヴィヴァン グラン・クリュ [2019]750ml

43560円

ドメーヌ・ド・ラルロ ロマネ・サン・ヴィヴァン グラン・クリュ [2019]750ml



所有しているのは0.25haでロマネ・コンティと道を隔てながらも隣接している素晴らしい立地のロマネ・サン・ヴィヴァン。

ラルロの持つエリアは、ロマネ・コンティの畑に数メートルの道を挟んだ直ぐ東に位置する好立地の区画を保有。

スミレ、カシス、バラの花びら、スパイス、甘草、牡丹、ミネラル、プラム、メントール、ヴァニラなどが感じられる。どのキュヴェよりもタンニン、果実味が強く感じる。スケール感のある全く異次元の世界観を見せてくれ、余韻が長く永遠に続くかのよう。

■Tasting Note■
What a bouquet! Floral, spicy... Strawberry and violet are the delicate aromas that explode in the glass. The palate is all finesse and softness. The velvety tannins coat the mouth and give this wine a seductive complexity and density. A Grand Cru that shimmers and transports us to another place.
Geraldine Godot, Technical Director (June 2021)

■テクニカル情報■
所有面積:0.25ha、植樹:1973年、新樽比:30%、約3樽生産、樽熟16~18ヵ月、全房発酵

DOMAINE DE L'ARLOT ROMANEE SAINT VIVANT GRAND CRU
ドメーヌ・ド・ラルロ ロマネ・サン・ヴィヴァン グラン・クリュ
生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ニュイ ヴォーヌ・ロマネ
原産地呼称:AOC. VOSNE ROMANEE
ぶどう品種:ピノ・ノワール 100%
味わい:赤ワイン 辛口 ミディアムボディ

■2019年ヴィンテージ情報■
Geraldine Godot, Technical Director
ジェラルディンヌ・ゴドー テクニカルディレクター 2019年10月

9で終わる年の偉大なヴィンテージの伝説は、2019年にも当てはまるようです。この年は厳しい干ばつを含む悪天候に耐え、収量に格差が生じました。幸いなことに、適度な気温がブドウを十分に成熟させ、並外れた品質のブドウを収穫することができました。この2019年のヴィンテージは間違いなく素晴らしいものになるでしょう。

変化する季節:暖冬の後、ブドウの生育サイクルは早く始まり、4月初旬には中芽折れの段階に達しました。しかし、数回の霜の降りた夜を伴う気温の低下により、被害は区画によって大きく異なりました。この冷涼な春の影響で生育が悪く、生育が鈍化しました。この気象条件と粉病の発生しやすさを考慮し、シャルドネとピノ・ノワールの両方に最適な保護を維持するための処理が開始されました。開花は6 月に始まり、3 週間続きました。この期間の気温と降雨量に大きな変動があったため、ミルランダージュ(結実不良)とクリュール(花ぶるい)が発生し、その結果、房の発育にばらつきが生じました。平均よりも暖かい夏にもかかわらず、熱波が繰り返され、雨が降らなかったにもかかわらず、ブドウの木は持ちこたえ、7月下旬にはゆっくりとヴェレゾン(ブドウの果実の色付き(着色))が始まりました。8月には少しだけ雨が降り、非常に好天に恵まれて成熟が進みました。収穫は9月12日から17日まで、夏らしい天候の中で行われました。早期の天候と夏場の干ばつが収量に大きく影響しました。

収穫:涼しい朝の恩恵を受けるため、9月12日にシャルドネの収穫を開始しました。ピノ・ノワールの品質は明らかで、ブドウの健全性は素晴らしく、糖度と酸のバランスはほぼ完璧でした。

醸造と最初の印象:ピノ・ノワールの色とタンニンがすぐに現れ、果汁はフレッシュで果実味に満ち溢れていました。シャルドネは良い酸味を持ち、素晴らしい成熟度と調和していました。ワインは現在(2019年10月)、樽に入れられています。

私たちのヴォーヌ=ロマネの区画は、他の区画よりも悪天候に苦しみ、最終的には小さな収穫となりました。2019年の収量は、1ヘクタールあたり23ヘクトリットルと、ドメーヌ全体で減少しています。ワインはテクスチャー、エレガンス、バランスを持っています。明らかに2010年代を締めくくる9の付く年のもう一つの偉大なヴィンテージです。

vinous:(95-97) ポイント
(95-97) pts Domaine de l'Arlot 2019 Romanee-Saint-Vivant Grand Cru
Romanee Saint Vivant, Burgundy Red wine from France Drinking window: 2024 - 2050 The 2019 Romanee-Saint-Vivant Grand Cru comprises 40% whole bunch and 25% new oak because winemaker Geraldine Godot wanted less wood influence during elevage. That was an astute decision, because it renders a very seductive, pure and engaging bouquet of copious red cherries, kirsch and blueberry fruit laced with pressed violets that is tres R.S.V. The palate is medium-bodied with a sensual, velvety-smooth entry, a mixture of red and black fruit and impressive volume, but it also delivers the luxuriant elegance you expect from this Grand Cru. Fans out wonderfully on the finish. Just a gorgeous, sensual Grand Cru. Neal Martin. Tasting date: October 2020

ワインアドヴォケイト:(93-95)+ ポイント
Rating (93-95)+ Release Price NA Drink Date NA Reviewed by William Kelley Issue Date 15th Jan 2021 Source January 2021 Week 2, The Wine Advocate
Unfurling with aromas of plums, blackberries and Griotte cherries, complemented by hints of loamy soil, raw cocoa, rose petals and toasty new oak, the 2019 Romanee-Saint-Vivant Grand Cru is full-bodied, velvety and textural, with a sumptuous, enveloping and richly tannin profile. Bright and layered, it concludes with a broad, expansive finish.

Geraldine Godot began harvest at the Domaine de l'Arlot on September 12, reporting yields averaging around 22 hectoliters per hectare, and the result is another fine vintage for this important estate. Supple, charming and expressive, this is a lovely portfolio of reds and whites (though, in the era of climate change, it might be time to replant the Chardonnay muscate growing in the domaine's Hautes-Cotes holdings), and everything reviewed here come recommended.

ドメーヌ・ド・ラルロ ロマネ・サン・ヴィヴァン グラン・クリュ [2019]750ml

イベントカレンダー

休館日

日付からイベントがご覧になれます。

固定ページ

お知らせ





PAGE TOP